• 商品数:0点
    0円
  • ドップラーとクニルプスの意外な関係

    ドップラーとクニルプスの意外な関係

      クニルプスは世界で初めて折り畳み傘を販売

    • ブレンシェフ社は世界で初めて折り畳み傘の販売を始め、クニルプスの名称でブランドの商標登録を行いました。この折り畳み傘は1928年には生産がされていたと言うから驚きです。1932年にはクニルプスブランド初の女性用の傘の販売が開始されており、男性中心の流れから、女性への社会進出を後押しするようなブランド姿勢を見て撮ることが出来ます。

      クニルプスはその後も自動開き機能をつけた傘の開発に成功するなど、傘メーカーとして着実な成長を続けていきます。マーケティング戦略にも優れていたことから、ヨーロッパではクニルプスと言えば折り畳み傘と言えるほどのブランド力を持ち、ファッションアイコンとしての傘の確立に大きな役割を果たしています。その影響力は、1950年代のドイツで、雨の日をクニルプスウェザーと呼んだほどです。

      高品質なブランドから、世界へ羽ばたくブランドへ

    • 同じく傘で有名なドップラーとクニルプスが出会うのは2004年に入ってからです。ヨーロッパ市場をリードするドップラーがスイスのストルツ社と共に、クニルプスブランドの販売権を取得したのです。 これは大きな変化であり、ここからドップラーとクニルプス双方の進化が加速します。

      自社開発の機会でフレームを作り、頑固なまでに品質と強度を追求してきたクニルプスに、新たなデザインが生まれ、世界的なデザイン賞を受賞するようなヒット商品も生まれました。

      ドップラー社の折り畳み傘も品質が向上し、さらに使いやすく、洗練されたデザインの物が生まれ始めました。結果として、ドップラーとクニルプスはヨーロッパだけでなく世界で知られるブランドとなっていったのです。

      まだまだ進化と発展を続けるクニルプスの傘たち

    • クニルプスブランドの傘は、フレームの改良と、品質の維持に余念がないのが特徴です。未だに既製品のフレームを使ったことが無く、自社開発にこだわっています。

      その上で、新しいシリーズ展開や新商品を発表しているのですから、世界中にファンがいるのも良く分かります。 近年はスリム化を中心としながらも強度の維持を行っており、スタイリッシュで実用的なシリーズが多くなっています。もちろん、クラシックなタイプも存在します。

      共通するのは質感の良さで、社内検査だけでなく、ドイツの検査機関も品質のチェックを行うことで常に妥協のない造りを目指しています。クニルプスは、世界初の折り畳み傘開発ブランドであり、トップブランドであり続けているのです。

    関連するまとめ