• 商品数:0点
    0円
  • マワハンガーの選び方(メンズ)

    マワハンガーの選び方(メンズ)

      男性が選ぶならコートやスーツに適応したものが良い

    • ハンガーに掛ける時に男性だとコートやスーツ、襟の広いジャケットなども自然と多くなります。マワハンガーを選ぶ時には、滑りにくいと言う構造を理解した上で、色々なタイプに対応している事も知っておいた方が得です。

      ハンガーのシリーズにはボディフォームと呼ばれるハンガーがあるので、これを利用してサイズを選ぶのも大切です。もちろん、省スペースを考えて、比較的かさばる確率の高いコートなどは専用のハンガーを使った方が良いです。又、クローゼットを開けた時に取り出しやすくするためにも全種類のハンガーを変えるのも一つの手です。

      そして、色を考えるならブラックやホワイトなど男性が好む色を選ぶのもお勧めとなります。やはり、ブラックやホワイトは人気ランキングでも上位に君臨する程であり、ハンガー自体の性能も相まって人気となっています。

      サイズもきちんと考えるとなお良く、大体のサイズで判断しない

    • 殆どの衣類は36センチで大丈夫ですが、肩幅の大きいタイプの衣類や襟が大きいものを掛ける時には40センチ程のハンガーもあります。これを利用する事でコートの大きさに関係なく、綺麗に掛けておけるので、非常に使い勝手も良くなります。加えて、このハンガーは襟をシャキッとする事が可能となっているので、男性の人がスーツなどを決めたい時に利用するのもお勧めとなります。

      パンツやズボンを掛けられるタイプの商品やスーツをひとまとめにしておけるタイプもあります。特に衣類などを綺麗に並べておく事が苦手な男性や収納が得意でない男性には衣類を長持ちさせるハンガーとしても利用出来ます。

      自分の掛けたい衣類を考えて、コートなら何センチなどインターネットなどを参考にするのも悪くありません。

      型崩れが心配な衣類に最適であり、男性ならサイズが大事

    • ハンガーの種類にはレディース用と誰でも使える様な感じに作られている種類など沢山あります。インターネットのショップサイトでは肩幅からハンガーのサイズを選べる様にもなっており、シルエット型ならジュニアサイズ、レディース、メンズサイズなど分かりやすく分かれています。

      調べていて選ぶのが良く分からない時にはきっちりと「メンズ用」と区分けされているサイトもあるので、これを参考にするのも良い手段です。又、スラックスバー付きやボトムクリップ型などメンズ用に作られているタイプのものも多数あるので、用途に合わせて選ぶ事も出来る様になっています。もちろん、使いやすさや機能性などを重視しているのが売りとなっているので、型崩れが心配な衣類や男性用のスラックスなどを掛けておくのに非常に便利な商品となっています。

    関連するまとめ